松本利夫がASMRの監督に挑戦!?

EXILEの松本利夫がMATSUぼっちのコーナでASMRの監督を
行うことになったようです。
ネットで人気流行しているASMRについて解説していきます。

ASMRの意味とは?略

Autonomous Sensory Meridian Responseの頭文字をとり
ASMRと呼ばれています。
日本語に略すと 自律感覚絶頂反応のことを指します。
特にYouTubeなどでの流行っている音は食事の際の租借音や吐息、ささやき声、スライムを練る音など様々なジャンルがあります。

高品質な音を録音し再生することにより、ぞくっと自立感覚が反応する
のが快感と話題になり、ネット上で大流行しています。
日本だけでなく海外でも流行っています。

松本利夫は何のASMRに挑戦?

松本利夫は今回、様々なASMRの音を採取しました。
・町中の音
・スポーツジム
・食べ物の咀嚼音
・囁き声
・飲み物を飲む音
・美男美女の様々なシチュエーション
などを収録しました。
ASMR好きや音フェチにはたまらない放送会となりました。

松本利夫監督のASMR回を見逃した場合

現在、 フジテレビ系列の動画見放題サイトFODでは
MATSUぼっちの見逃し再放送をネット上で閲覧ができます。
見逃してしまった方は、こちらから番組視聴することも可能です。

FODプレミアム

松本利夫監督がASMRに挑戦した感想

本人も両耳が犯されたようと、収録中も楽しそうにしていました。
実際に音を聞くと、ぞくっとしたらい、癒される音だったりと
100人に楽しんでもらっている姿を見ても、楽しそうでした。

ASMRを自宅で録音・動画撮影するには

ASMRの音の採取には、ハンディカメラなどではなく音に特化した
レコーダーが必要となります。
上記の画像にあるように、マイクが左右にあるレコーダなどで採取します。
日常の音を採取するだけでも新たな発見がありそうですね^^

まとめ

EXILE(エグザイル)の方はもともと音楽関連のお仕事のため
一般人より音の世界に触れることが多いかと思いますが
ASMRなどの局所的な音の収集はまた一味違い面白いですね。
イヤホンなども良いやつで聞くとなおさらぞくっとしそうですね。
ASMRや音フェチが中毒者みたいになるのも分かりますね笑